FC2ブログ
石への共感覚を活かして、 ヒーリングアクセサリー作りやグリッディングをライフワークにしています✡。:*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鏡の法則」の記事の、
わたしたちは意識であって
感情、思考を選べるということについての補足的な内容です。


以前、あることで悩んでいて、
その状況での現状維持は依存なのか、
離れることは学びからの逃げになるのか、
どう落とし込んだらいいのかわからなくなった時がありました。


そんなふうに2ヶ月ほど悩んでいたある日、
「左、右、左、右」というシンクロが続けてありました。

なんだかわからないもののやけに心に響いて気になっていたら、
今度は「ダンゴムシ」のシンクロが続けてありました。


ダンゴムシは可愛らしくて好きなので
何気なく検索していたところ、
ダンゴムシの習性についての記事に釘付けになりました!


ダンゴムシたちを迷路に入れてあげると、
通路が二股に分かれたところでかなりの割合の個体が
「左、右、左、右」と曲がる方向を順番に変えるそうなんです(驚)


同じ方向、例えば毎回右に曲がっていくと、
辿り着くのは最初にいた地点に近いところになる可能性があります。
同じところにずっといることは危険な場合もありますね。

ダンゴムシたちは曲がる方向を順番に変えることで
最初にいた地点から少しずつ遠ざかり、
少しでも危険な目に遭うリスクを減らしているらしいとのことでした。


ダンゴムシさんたちの智恵、素晴らしいですね.+*:゚+。.☆


わたしたちもいつも同じ視点からばかり見ていると、
環境が変わってもいつも同じ波動の具現化、同じ学び、
その繰り返しから卒業できません。

想像=創造であって、
思考とはエネルギー、霊的波動であり、
物質界に具現化する力を持ちます。


意識の向く方向、思考は、
過去の自分の経験や誰かが言ったことを自分の内面に取り入れたりして、
ほとんど無意識に、癖になっていることが多いのではないでしょうか。

身につけてしまったものは意図することで手放せます。


意識の向く方向を変える、
視点や思考を自らの意思で変えると、
よりよい答え、
大我に基づく答えを見つけられるかもしれません。




スポンサーサイト

【2018/11/07 16:12】 | 考察・所感
|
神社の御神体が鏡ということをご存知の方も多いと思います。
(全ての神社ではないようです)
わたしはお世話になった方から教えて頂くまで知りませんでした。

なぜ鏡なのか不思議で、
その後氏神様にお参りに行った際に不謹慎と思いつつ覗いてみたら、
やっぱり鏡がありました!


神社の鏡も、いろんなチャネリングメッセージも引き寄せの法則も、
フォーカスする面が少しずつ違うだけで、
みんな同じ宇宙の法則を言っていると感じたので、
今日はそのことを書きます。


神社の御神体が鏡ということの意味合いは、
鏡に映った自分自身の神性、内在神を大切にすることを教えているとお聞ききました。

神様の前に立つ自分は、恥ずかしくない日々を送っているか、
内省を促す意味合いもあるように思います。


また別なお世話になった方から、
外側の世界(周りの人との関係や事象)は
自分自身の映し鏡、と教えて頂いたことがあります。

自分の内にある醜さあるいは美しさ。

もしも周りの人との関係や事象に不快感を感じることがあるならば、
そこには自分自身の小我が映し出されているということです。


「現象とは全て波動」
・宇宙はたった一つの点、ブラフマン、
唯一のもの、神から始まった
・エネルギーの物質的側面は粒、粒子
・エネルギーの霊的側面は波


わたしたちが今いる世界は、
形の中にエネルギーが宿った物質界です。
「4」または「□」の世界というとイメージが湧きますよね。

霊、意識が原因、種となって物質、事象が顕れてくるので、
各々の意識、波動と同じものが身の回りに顕れる、具現化されていきます。

現在起きている事象とは、
少し前の自分自身が一瞬一瞬選んだ思考、感情の波動が具現化したものです。


わたし自身よく嵌ってしまい、
どう落とし込んだらいいかわからなくなることもありますが、
「あの人のこういう面が嫌だから変わってほしい」とか、
「こんな状況は嫌だ、なんとかしたい」とか思うことがあったなら、
他の人を変えることはできないし、その事象を引き寄せた自分自身が
どう変わるかということを考える機会なんですね。


物質の身体や自分の感情、思考が「自分」であるように感じてしまいますが、
わたしたちはエネルギー、意識であって、
思考や感情を選ぶことができます。








【2018/11/07 13:56】 | 考察・所感
|
前回は「梵我一如」について
いろんな方から拾い集めた叡智を書きました。

梵我一如を調べたきっかけはぎっくり腰です・・・
恥ずかしいことなんですが・・・


2ヶ月程前にぎっくり腰になったため、
腰の調子がよくなる体操を5種類ほど自己流でやっていました。

その後たまたまスマホで見かけたヨガのポーズが、
5種類ともわたしのやっていた体操とそっくりだったんです(驚)

それで、「ヨガがわたしに合ってるってことなんだなぁ」と
早速ヨガ教室に申し込みました。

ヨガのワードに響くものを感じたので調べているうちに
「梵我一如」に辿り着きました。


ヨガの語源とは、「くびきをつける」
結びつけるというような意味だそうです。
何と何を結びつけるのでしょうか?

心と身体=ブラフマン(梵)とアートマン(我)、
すなわち陰と陽、プラスとマイナスのような、
相反する2つの力を結びつけるということだそうです。


「自然法則では、相反する2つの力が協力し合っている」
なるほどそうです。
相反する2つの力が協調するからこそ
エネルギーがちょうど良いところで調和したり、
何かを生み出すことができていますよね。

ヨガとは、相反する2つの力(心と身体)の両方に、
バランス維持のために、
意識的かつ積極的に協力する行動なんだそうです。


実は、ヨガを調べるに至るまでに数日の間毎日、
国之常立神さんのワードが来ていました。

ヨガを調べている間すっかり忘れていたんですが、
わたしが通うことになったヨガ教室の名称に好奇心が湧き、
数霊を調べてみて驚きました。

数霊174=結びの人
国常立尊、素戔嗚尊、奇稲田姫・・・

説明文の中に、
夫婦和合の数霊、
陰陽なるものが引き合うこと、結ばれることは
天の計らいであり、宇宙の意思、とあります。
ビックリと感動が同時に来ました!


ちなみに、ヨガ教室初日で腰痛は解消されました。
ヨガすごい!



【2018/10/15 03:41】 | 考察・所感
|
【梵我一如(不二一元論)】

梵(ブラフマン)と我(アートマン)は同一


ブラフマン
*宇宙の根源原理、真理
*宇宙の源、神聖な知性
*神、創造主

アートマン
*意識の最も深い内側にある個の根源
*全てのものの根源に内在して個体を支配し、統一する独立の永遠的な主体
*個の中心にあり、認識をするもの


アートマンとは「真我」
身体の中にあって他人と区別しうる不変の実体
本質、魂

唯一であるブラフマンの側面の、一つ一つの現れがアートマン


人の個我は、その本体においてブラフマンと同一であるが、
人が経験する現実では多数の個我があるように見える。
無明(無知)によって自分という中心主体があるのだと思う。

高下、善悪など様々な違いは無明によるものであり、
真実には存在しない。
「何をどのように眺めるか」、
各々視点を選ぶことができる。


無知とは、限定されたエゴの思考以外の
思考の選択肢があることを知らないこと。

光とは「知」





【2018/10/12 15:05】 | 考察・所感
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。